「ナビタイマー」と「モンブリラン」

あなたはどのブライトリング・BREITLINGを求めているのでしょうか。漠然とお店の前に立てば、いろいろ種類があってどれを購入していいかわからなくなってしまうかもしれないですよね。 あなたはブライトリング・BREITLINGの、 ナビタイマーとモンブリランの違いがわかるでしょうか。もっと、購入する前にブライトリング・BREITLINGに詳しくなっちゃいましょう。

ブライトリング・BREITLINGの「ナビタイマー」と「モンブリラン」

ブライトリング・BREITLING ナビタイマーは、世界初の航空計算尺付きクロノグラフとして誕生した高級時計です。 空を飛ぼうと思うものの管制塔やレーダーがない時代もあり、そのときこのようなブライトリング・BREITLINGのタイプが大いに活躍をし パイロットたちはブライトリング・BREITLINGの革新的計器を腕にし、速度や燃費を計算していたのです。 一方でブライトリング・BREITLINGのモンブリランは、 パイロット用回転計算尺を備えたクロノグラフです。 更にブライトリング・BREITLINGモンブリランは、1940年代~1950年代のスタイリングと言っています。 1940年代~1950年代のスタイリングがなんのことだかわからないという人たちもいらっしゃるでしょう。 もともと存在しているブライトリング・BREITLINGのパイロットウォッチは、 クロノマットのことを言います。 しかし、1950年代のパイロットウォッチと言えば、ナビタイマーでしょう。 このような時代背景を考えると、 モンブリランがどのような位置付けになるかといえば、 初代のクロノマットと、初期のナビタイマーの「スタイリング」取り込んだということになります。 現在あるクロノマットともともとあるクロノマットは違いがあり、初代は ナビタイマーの原型になったモデルであり、外観もナビタイマーよりであり、 現在の1984年に誕生したモデルとは全く別物と考えていいでしょう。 ナビタイマーは1952年に誕生することになります。初代クロノマットの誕生から10年後となり、 「航空計算尺」を搭載したモデルです。 つまり、ブライトリング・BREITLINGのナビタイマーは、 初代クロノマットにある、 回転計算尺をもっと進化させたモデルです。

ナビタイマーとモンブリランは別物ではない?

初代クロノマットと、 ナビタイマーが似ているのも当たり前なことであり、 現在では、ナビタイマーとモンブリランは別物という見られ方をしていますが、 「ナビタイマーモンブリラン」として展開していたこともあります。 モンブリランとは、 初代クロノマット、初期ナビタイマーのスタイルを表しているスタイルであり、 ナビタイマーは時代に合う最新のスタイルで1952年のナビマイマーから語られている系譜という位置づけでしょう。